ConnectBass

Google Appsで顧客管理を実現するConnectBassコンタクトマネージャー

ConnectBassコンタクトマネージャーはクラウド上で顧客情報を一元管理するサービスです。
世界で最も使われているクラウド型グループウェアGoogle AppsのGmail、カレンダー、ハングアウトといった各種サービスで顧客の連絡先を共有することができます。

点在しているお客様の情報、どれが最新ですか?

担当者それぞれに、お客さまの連絡先を持っていませんか?

点在する顧客情報

バラバラに情報更新が行われ、システムによって情報が違っていませんか?

情報の更新もバラバラに行われているはずです。こうなると、それぞれの情報に少しずつ最新情報が点在するという状況になります。
Aさん、Cさんのアドレス帳には最新の電話番号とメールアドレスがあるけれど他の情報は古いまま、顧客管理システムに新たに追加された連絡先情報は、新しい住所で登録されているけれど、過去の連絡先情報は更新されていない。販売管理システムには、最新の住所、口座情報が入っているけど他は古い情報。

このようになってしまうと、再度お客様から最新の情報をもらい直し、連絡先が存在するアドレス帳や、システム内に存在する情報を照らし合わせ、古い情報をそれぞれアップデートするしか手立てはありません。

このカオスな状態から抜け出すには、情報の一元化しかありません

情報を一元管理するなら、コミュニケーションに一番活用するところに情報を集約すべきです。
電話やメールでお客様とコミュニケーションをとっていますよね?もちろん、対面がメインのコミュニケーションだとしても、その事前・事後のコミュニケーションは、メールや電話でのコミュニケーションですし、次回のアポイントをスマホからスケジュールに入れたりしていませんか?
ここの情報が古いとコミュニケーションがとれないわけですから、自ずとここの情報は更新せざるをえません。頻繁に使わないところの情報を更新しようとすること自体に無理があります。
そして、この一元管理された情報がこれまで情報が点在していたところでちゃんと参照し利用できなくては意味がありません。参照して利用できないと、またそれぞれのところで情報を入力、蓄積し利用しようとするからです。

最も利用するコミュニケーション手段で情報一元管理ができる

ConnectBassコンタクトマネージャーなら、スマートフォンのアドレス帳、更にいつでもどこからでも利用できるGoogle Apps for Workの各種サービスで連絡先情報を参照できます。

ConnectBassで顧客情報を一元管理

連絡先管理

共有連絡先は社内のメンバーであれば、誰でも情報を追加・編集することができます。
社内で共有された連絡先は、Gmailのアドレス帳としてだけでなく、スマホの電話帳からも利用できるのに加え、カレンダー、ハングアウト(チャット、ビデオ会議)でも利用できます。
連絡先情報は、Google Appsのシステム内で管理されますので、安心して利用できます。

Gmail

独自のドメインが利用できます。1人30GBの容量(Google Apps with unlimited storage and Vault なら、容量無制限)、高精度の迷惑メールフィルタが標準装備。
Googleの高速検索エンジンで、すべてのメール、ドキュメントから検索できるので、探しているものが瞬時に見つかります。

カレンダー

社内やグループで共有することにより、スケジュールの調整や確認が簡単にできます。
また会議室やプロジェクターなどの設備の予約も可能です。
メールに招待状を出し出欠確認もできるので、スケジューリングに手間取ることはありません。

ハングアウト

最大15名でビデオ会議ができます。
ビデオ会議しながらドライブ上のファイルをお互い編集することもでき、どこにいても同じ空間にいるように打合せすることができます。また、スマートフォンやタブレットからでも利用可能なので外出先からでも参加することができます。
移動にかかる費用や時間を大幅に削減することができます。

Webフォーム

ホームページからの問い合わせWebフォームから、そのまま連絡先に取り込むことができます。今までのように連絡先をコピー、貼り付けてシステムに登録する必要もなく、クリック一つでGmailでメールを送信することができます。
また、Webフォームからの問い合わせがあったお客様に、即座に資料をダウンロードしてもらったり、自動で返信メールを出すこともできますので、問い合わせからの初回のアクションをタイムリーに行うことができます。

高度なセキュリティ

連絡先情報は、Google Appsのシステム内で管理されます。利用する端末から連絡先情報が管理されるシステムまでの通信経路は全て暗号化されています。
より確実な本人認証として2段階認証を利用したり、利用する端末の制限や、紛失時にデータを遠隔から消去することも可能なため、セキュリティ的にも安心して利用することができます。またこれらの安全性は、さまざまな第三者機関において認証をされております。
連絡先情報が一元管理されず、個々のアドレス帳に連絡先を登録して利用している、複数のシステムに情報が点在している場合、このようなセキュリティ面での一括管理も困難ですので、その面でも安心して利用できます。

プラン・料金

コンタクトマネージャープラン
¥3,000/月(税抜)今なら無料
10ユーザー
連絡先管理
  • 50,000件までの連絡先登録
  • 連絡先の追加・編集・削除
  • GoogleDriveからのインポート
Webフォーム
  • 1つのWebフォーム
  • SSL暗号通信
  • ダウンロードリンク
  • 自動返信メール
カスタマーサポート
  • 表示のみ
モバイル対応
メールサポート

今すぐ試してみる

下のボタンをクリックしてConnectBassコンタクトマネージャーへ登録後、Google Appsの設定を変えるだけですぐに利用できます。

今すぐ試してみる!